わたくしは数日前にさっさと、首の後ろが痛くなってしまい、曲げられなくなってしまいました。
なので、痛苦を燃やすために湿布を貼りましたが、動くと痛苦があり、心持ちも悪くなってしまいました。

痛苦が何やら引かないので、痛苦最期の薬を飲んだら、痛苦がなくなっていきました。
とは言え、思う存分薬を飲んで行くわけにもいかず、しかも首を曲げられないは色々不具合だ。

なので、わたくしが思ったのは実行欠損から来ているのではないかと思いました。
そのため、意識してあるくようにしました。

その効力があり、少しずつ首の痛苦が引いて赴き、首も曲げられるようになりました。
でも完全に治ったわけではありませんでした。

思い切り考えてみたら、首の後ろの痛苦は現下始まったことではありませんでした。
とっくから少しずつ痛苦が増えて行ったのかもしれません。

そこで、何気にアクセスつぼを通してみたら、片隅が非常に痛みを感じるところがありました。
アクセスつぼのイラストで確認してみると、頚椎のコンポーネントでした。

痛みがある部位を念入りに一年中マッサージするようにしました。
すると、痛みがあるところが少しずつ痛苦が和らいで出向くのを感じました。

それと共々首の後ろの痛苦もなくなっていき、首もかなり曲げられるようになりました。
今でも首の後ろは違和感があります。

但し、曲げられないほどではないので、体操の首の実行もきちんとできるようになりました。
アクセスの裏には全身のつぼが集まっていると言います。

体のどこかに痛みを感じる時は、アクセスつぼで確認してみるのは良い方法です。
首が治らなければ、医師に行かなければいけないかと思いましたが、ほとんど手軽な方法ですっきり成長出来たことは良かったとしている。

治療はあんまり身近な方法で見込めることが多いのかもしれません。
これを機にアクセスつぼ習慣をつけて赴き、痛く罹る前の防衛を強化していきたいだ。ヒルドイドローション