14
こちらが紹介する通信は薬ちゃぶ台による便秘解消法だ。薬ちゃぶ台の理解からこちらはえのき茸といった蜂蜜で便秘を治しました。
便秘になった際、たまたま思い浮かべるソリューションは食物繊維やヨーグルトなどの乳酸菌を含んだ食物を摂取することと思っている人が多いかと思います。私も今までこの方法を信じていました。小学生の師範からも言われてきていました。ただし薬ちゃぶ台といった出会ってからその気だけでは便秘は治せないことがわかりました。
要素は引越しして親元を離れたことでした。引っ越しをしてからファミリーの秘策が掴めず、腸が知らないうちに不満でバテてしまいました。その結果、腹に出力が入らず、コロコロとした便しかでませんでした。食欲も徐々になくなっていき、腹が重く感じました。ヨーグルトや乳酸菌の入った食材や芋系統を口にしましたが変わりません。そのようなときにインターナショナル当事者医者の杏仁美容相棒ちゃん著書の『いたわりめし。』というガイドブックを書屋で見つけました。読んでいくと意外な通信が書かれていました。取り敢えず身近な食材に意外な力量がある振舞い。次に便秘といった一口にいっても原因は様々でソリューションを間違えると逆効果になってしまう振舞い。そうして腸に水気と油を与えた上で行動を促すミールをしないと効果が出ないことです。ガイドブックを読んでから蜂蜜とえのき茸を食した果実、翌日から便秘にならなくなりました。おかげで病院に行く要求がなくなり、医療費も節約できました。
こういう経験から、自分の実態によって食材を選んで出向くことを覚えました。ガイドブックには他にも流感、疲労の解消法やコンビニで売られている献立の結末も掲載してあります。
薬ちゃぶ台というと中国のよくわからない漢方薬や医学の状況と言った敷居の高い代物と思われるほうが多いでしょう。但し薬ちゃぶ台は百貨店で売られている食材で考えることができます。コンビニエンスストアのものもうまく活用すればお忙しい際も体躯を労ることができます。
皆さんも日々のミールからヘルシーを考えてください。http://bathcircleofmagicians.com